借りる前に知っておきたい賃貸借契約のコツ

貸す側が求めることは

マンションの賃貸借契約を締結するときに、貸す側である賃貸人はどのようなことを考えているのでしょうか。そもそも、賃貸人にとって良くない状況は、人が借りていない状況です。そのため、借りたい人の存在自体がとても貴重なものになります。したがって、賃料を遅滞なく支払ってくれる人で、他の部屋の人とトラブルを起こさないような人であれば、基本的には借りてもらいたいと考えています。なので、自分自身が良識があって資金力があれば交渉はスムーズにいきます。

交渉相手を間違えないこと

賃貸人になる人は、基本的にはその不動産を所有する人です。ここで重要なのは、賃貸借契約は直接このような所有者と相対で締結するものではないということです。そもそも、多くのマンション等を所有する人は不動産管理会社に委託をして不動産の賃借人を募集しています。そのため、仲介業者を通すため手数料が発生し、これを支払うことになります。このような手数料を払わずに済むためには、所有者自身と直接交渉をして契約を締結するべきです。

良い賃料交渉の進め方

よく広告などをみると賃料いくらと決まった金額が記載されていますが、賃料とは不動の値段なのでしょうか。実際のところ賃料とは契約締結前であれば容易に変えることのできる値段です。というのも、新築好立地設備充実のマンション物件ばかり世の中に存在するわけではありません。当然、立地や設備状況築年数で値段は変わりますし、その値段も大まかな値段しかつけられません。そのため、借りたいマンションの欠点を逆手にとって賃料の交渉を進めると思いのほか安く締結できることが多いです。

帯広の賃貸の物件は、マンションやアパートをはじめ、質の良いものが多く、築年数や住居内の設備の充実度などに目を向けることがおすすめです。