賃貸物件選びは信頼できる不動産会社選びから

信頼出来る不動産会社が少なくなっています

不動産会社に対するイメージは不況下では更に悪化しやすいものです。賃貸物件を借りる際に家賃上限金額を記入させると、不思議と予算を上回った金額の物件資料を見せてきます。こういった営業を行うから嫌われるのですが、一見さんへの扱いはあまり良くない傾向が続いています。1組みの入居希望者に対して成約時に受け取れる金額は仲介手数料として家賃の最大1ヶ月分までと法律で定められています。家賃が高い物件を紹介した方が不動産会社は儲かるわけです。

専任媒介物件を見せてもらえたら安心です

不動産会社で物件資料を紹介してもらう時に、予算賃料上限を上回る物件情報を提示された時の入居希望者の反応を見てコントロールしやすい来店客かを判断します。各不動産会社では、大家から入居者選びを専門に任されている専任媒介物件を持っています。窓口担当者の眼鏡に適った来店客または月末迄に確実に契約完了してもらえそうな客に対して、決めるための優良物件を隠し持っているわけです。最初から提示して入居されてしまうと、他社との競合となっている利用客を引き止めるための決め手を無くすことになります。専任媒介物件を見せてもらえるだけの意欲と妥協の無さをアピール出来るかかポイントとなるのです。

無理な案内をしない不動産会社なら信頼出来ます

入居希望者に対して手付契約を迫るまたは入居申し込みを迫るような不動産会社は、様子を見る必要があります。現在提示されている物件情報の中に大家から受け取れる広告料が高額なものが含まれている可能性があるからです。どうしても入居申し込みを迫られた場合には、専任媒介物件を見せてもらうと良いです。その中に気に入った物件がなければ縁が無かった不動産屋としてバッサリ切りましょう。奥の手を持っていない不動産屋は、臨機応変な対応が出来ないため後のトラブルに巻き込まれた時の対応に難が出るからです。

今、賃貸物件の人気が上昇しています。住みやすく、また住み替えもしやすいと喜ばれています。一人暮らし用から家族向けのものまで様々な物件があり、ますます住みやすくなっていると評判です。